moko*s Laboratory
手作りコスメの人体実験模様・・・♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
保湿化粧水レシピ更新♪
保湿化粧水第一弾!
『もしかしたら若返っちゃうかもローション』の
第二弾です。
こちらは確実に老化に着目したエキスを配合しています。
ゆず種エキスでとろみをつけてきっちり浸透させるのは同じ♪

===============

若返る確立期待大ローション

スギナ======10g
月桃葉======20g
マローブルー===10g
ハイビスカス===10g
ローズレッド===10g


抽出液

還元水========400ml
無水エタノール====200ml

ローションレシピ
還元水========80ml
抽出エキス =====30ml
セラミド溶液===== 2ml
プロビタミンB5(パンテノール)== 2ml
湯煎に賭けたゆず種エキス====40ml

===============

月桃とマローブルーの抗老化作用を期待して作りました♪
若い方には第一弾の方が抗炎作用が高いのでお勧めです。
スポンサーサイト
【2005/10/18 20:46】 | ローション系レシピ★
ふき取りローション♪
生薬のクジンが使いたいけどタンニン系と仲が悪いこれ。
どうにか使えないかと思い考えた結果、
今びわの葉ローションをふき取り化粧水にしているんやけど
びわの葉はハンガリーウォーターに入ってるし
クジンの抽出液をローションにしてふき取り用に♪

殺菌効果も高く、美白抗しわにも効果のあるこの生薬。
何でこんな単純なこと早く気が付かなかったんやろか・・・

===============

クジンのふき取りローション

クジン========30g
溶液
エタノール======100ml
精製水  ======200ml

これで一ヶ月抽出した液を使います♪

クジン抽出液=====20ml
精製水   =====80ml

これだけ♪簡単でしょ?

===============

洗顔後の肌を今からケアするよ~~~って信号を送るため
最初は単純なローションでやさしくふき取ります。
ふき取るというよりなでる感じかな??
下から上に向かってやさしくふき取って、肌に馴染ませます。
【2005/09/25 16:58】 | ローション系レシピ★
保湿化粧水♪
お水系の最後のしめはいつも既製品の化粧水を使ってました。
手作り化粧水の効果が肌にきっちり現れるので
最後のしめも手作りでと考えたレシピがこれです。

冬の乾燥に絶えられるしっかりした肌の基盤を調えたいのと
プラスαに老肌にいいものと考えています。

===============

もしかしたら若返っちゃうローション

『ハーブエキス』
スギナ======20g
ネトル======10g
マシュウマロー==10g
ハイビスカス===10g
ローズレッド===10g
『抽出液』
無水エタノール==200ml
精製水=====400ml

これらのエキスを一ヶ月抽出します。
(抽出法は他のエキスと一緒です)

このエキスを使って保湿化粧水を作ります。

アンティアンティのアクア=====80ml
抽出エキス       =====30ml
セラミド溶液       ===== 2ml
プロビタミンB5(パンテノール)== 2ml
湯煎に賭けたゆず種エキス====40ml

これらを保存容器にいれて混ぜたら出来上がり。

===============

ハーブエキスは乾燥肌用と肌のPhを整えるハイビスカス、
ローズレッドは老肌に効くのでこの配合になりました。
セラミド溶液は好みで全体の1%~5%まで入れられます。
プロビタミンB5は肌のきめを整える効果があります。
これも1%~5%まで配合できます。
私はこの配合が一番肌に合っているのでお好みでどうぞ。

【2005/09/19 17:24】 | ローション系レシピ★
とろみ基材ゆず種エキス♪
とろみ系化粧水ってあるでしょ?
既製品にもたくさんありますよね。
肌の表面で化粧水が遊びながら浸透していく化粧水。
私も大好きです
ローションパックに使用しても、揮発が遅い分
十分に浸透させることができるし。

ただ、このとろみ成分には大体ヒアルロン酸がよく使われています。
お肌の保湿にはすごくいい成分なんですが・・・・
わたしヒアルロン酸やコラーゲンといった分子の大きい成分は
肌が拒絶反応するんです・・・

以前日本酒を化粧水にしていたときにゆず種いれてたんですが
このゆず種に含まれる『ペクチン』
(小ジワを防ぐ働き、シミ、ソバカスを薄くする働きもあり)
これは肌が喜んでいたのを思い出し
保湿系化粧水を作るときのとろみ基材としていつも抽出しています。

===============

ゆず種エキス

ゆずの種=====100g

溶液 無水エタノール====75cc
    精製水    ====225cc

===============

密閉容器に全部入れて毎日容器を振って混ぜています。
大体3週間でゆず種を漉して保存します。
化粧水に対しての配合量が多いため
溶液はアルコール度数25%にしています。
そして使うときは使う分だけ湯煎しながら
アルコール分を少し飛ばします。

化粧水を作るときには水3:ゆず種エキス1の割合で
配合しています。
【2005/09/19 09:28】 | ローション系レシピ★
顔面美白ローション♪
ローション使いはかなり力を入れている私。
びわの葉ローションでふき取り、ハンガリーウォーターで整え
ブース的にターオイルを浸透させて、攻撃系ローションで叩き
保湿ローションでしめる。

今使っている攻撃系ローションが美白ローション。
たくさん生薬を配合しています。

============

顔面美白ローション

ユキノシタ======20g
ウワウルシ======10g
ソウハクヒ======10g
ボタンピ ======10g
ヒース  ======10g
 
抽出液 エタノール=====200cc
      精製水  =====400cc

=============

作り方はハンガリーウォーターと一緒です。
希釈も一緒。

ユキノシタは自然に角質を剥離する作用があるので
刺激が気になる方は半分にしてもいいと思います。
はじめはヒースの変わりに芍薬を入れていたのですが
美白効果の高いヒースに変更しました。

美白効果の高いクジンも使ってみたいのですが
タンニン系の生薬との相性が悪いので
今回は見送り・・・・・
クジンのうまい使い方を研究中です。


【2005/09/17 23:42】 | ローション系レシピ★
私流『ハンガリーウォーター』
ハンガリーウォーターは有名ですね。
私も整肌用ローションはこれです
レモンピールやオレンジピールは光毒性があるため
オレンジフラワーで作ります。
基本のレシピにちょっと鎮静効果の高いハーブをブレンドしています。

==============

若返りハンガーリーウォーター

     ペパーミント=====10g
     ローズマリー=====10g
     オレンジフラワー=== 5g 
     ローズレッド===== 5g
     ジャーマンカモミール= 5g
     カンデュレラ===== 5g
     びわの葉(乾燥)===10g

溶液 エタノール======160cc  
    精製水  ======340cc

==============

密閉できるガラス容器にハーブと溶液を入れて
冷暗所で一ヶ月抽出熟成させます。
毎日一回は容器を振って中身を混ぜてください。

熟成したら濾過して保存容器に入れて冷蔵庫へ。
一日置いておくと沈殿物が底に溜まります。
上澄みをそっとスポイトなどで吸って使ってください。

私は120ccの温泉水か分子の細かいお水に対して
30ccの抽出液を混ぜています。
毎日思う存分浸透させているのでこれで大体一週間分。
色が気になる方は、びわの葉を除いてもいいでしょう。
その場合の溶液はエタノール130cc精製水270ccで
抽出してください。
【2005/09/16 22:09】 | ローション系レシピ★
フリーエリア

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。